融資の審査に受かるかどうかは
スコアリングの点数によって決まります!

スコアリングで融資できるかどうか判断

消費者金融(キャッシング)にせよ、カードローンにせよ各社独自の基準を持っていますが、審査の際には「スコアリング」と呼ばれる点数を付ける仕組みで融資できるできないを判断しています。

「スコアリング」で点数を付ける際に考慮される属性には以下のものがあります。

  1. 年齢

  2. 年収

  3. 職業

  4. 居住区分

  5. 過去の借り入れ履歴

以上のスコアリング項目について1つ1つ詳しく説明します。

会社によって多少の違いはありますが、だいたいこれから解説するスコアリングと点数の関係となっているようです。

スコアリング(1)年齢

消費者金融(キャッシング)やカードローンのターゲット顧客はだいたい「20歳〜65歳」となっています。つまり、働いている年齢ということですね。

一般的には20代前半の若い人よりも30代以降の年齢が上の人の方が点数が高いと考えられています。

ただし、60歳を超える高齢になると収入が減ってくるので点数が下がると言われています。

スコアリング(2)年収

当然ですが、年収が高い方が点数が高くなります。

それに加え、勤続年数や会社の創立年数が高いことも点数があがる要素となります。

スコアリング(3)職業

世間的に安定していると思われる職業ほど点数が高くなります。

公務員や歴史ある上場企業、大企業などは点数が高いです。

スコアリング(4)居住区分

「本人名義の持ち家」が一番点数が高いです。

なぜなら、持ち家という自己資産があり、住宅ローンの審査に通っているという信用があるからです。

次に点数が高いのが、「家族名義の持ち家」か「住宅ローン負担のない持ち家」がある人です。これらは家賃負担がないので、返済に余裕があると考えられるからです。

つまり、賃貸より持ち家の方が点数が高いということになります。

スコアリング(5)過去の借り入れ履歴

過去に借り入れをしたことがあり、それをちゃんと遅れることなく返済したことがあれば点数は上がります。

過去に一度も借り入れをしたことがない人よりも、過去にちゃんと完済した人の方が点数は高いです。

スコアリングが高い人にオススメのカードローン

スコアリングが高い人は銀行カードローンがおすすめですが、最近はNHKなどで銀行カードローンの多重債務問題が放送されたりしているので、銀行側も審査を厳しくしている傾向があります。(2017年8月現在)

そもそも、銀行カードローンの審査は消費者金融がやっていることが大半なので、以下で紹介する消費者金融で借りておけば安心です!

スコアリングが普通の人にオススメの消費者金融

サービス 融資額 実質年率 備考
プロミス
1〜500万円 4.5%〜17.8% WEB契約なら即日融資も可能。お貸入れ3秒診断。はじめての方は30日間無利息。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
アコム
1〜800万円 3.0%〜18.0% 30日間無利息。
3秒診断でお借入れ可能かすぐに分かる。
はじめての方でも来店不要で即日振込も可能。
10万円借りても返済は月5,000円からでOK。
モビット
1〜800万円 3.0%〜18.0% 「PCからWEB完結申込」なら申し込み時に電話連絡と郵便物がなし。10秒簡易審査。平日9:00〜14:30までに手続き完了の場合、最短3分でお振込。

おすすめサイト